物件を購入する方法とは|交通の便がいい場所を選ぶ

女性

地元業者の活用

婦人

中野区は新宿区や豊島区に面するなど、東京都心部に位置する区である。その為、利便性が高く、良い物件が多い。物件探しを行う場合には、中野区の地元業者を活用することで、より物件を探しだせる可能性が高くなる。

マイホームの賢い探し方

お家

情報は正しく把握しよう

今や地方のみならず都会でもマイホーム建設が盛んとなっています。住宅ローン減税などにより以前に比べて家が建てやすくなったことがその理由として挙げられます。こうしたことから住宅供給戸数もここ数年増加傾向にあります。特に東京都のほぼ中心部に位置する中野区では生活に便利な地域ということでその傾向が顕著となっています。そんな中野区内の物件をリサーチするとき、様々な物件情報と出会うことがありますので、その仕組みについて理解しておきましょう。物件情報は価格、間取り、土地面積、所在地といった基本情報とそれ以外の詳細情報で構成されます。基本情報については容易に理解できますが、問題はそれ以外の詳細情報です。詳細情報には用途地域、私道負担、建蔽率など様々な情報が掲載されています。用途地域とはその物件がある地域地区を示すものです。高さ制限のある低層住居専用地域から高さ制限がない工業専用地域までの12種類の地域のうち、該当する地域が示されています。中野区では低層住居専用地域と中高層住居専用地域がそれぞれ全物件数の約50%となっています。私道負担とは物件に私道が含まれているか否かを示すものです。私道が含まれている場合、私道負担は「有」となり、私道上には建物は建てられないなどの制約を受けることになります。中野区の物件ではほとんどが私道負担は「無」となります。建蔽率とは土地面積に対する建築面積の割合を示します。例えば建蔽率が60%である場合、土地面積が100平米の物件では建築面積が60平米まで建築可能ということになります。中野区の物件ではほとんどが建蔽率60%となっています。その他、駐車場の有無、ガスや水道の利用形態、木造なのか鉄筋なのかの工法といった情報も掲載されています。こうした情報を正しく理解することが、中野区での良い物件探しの第一歩となります。

おすすめリンク

  • コスモ不動産

    宝塚で新築一戸建てを建てたいのなら、こちらの業者に依頼するのがベストです!誠意をもって対応してくれますよ。
  • 株式会社 リ・ライ ハウジング

    理想の家にするための業者に依頼ができるので、愛知で注文住宅の申し込みを行ないたいと思っているならこちらからとなります。

理想の一戸建てを探そう

住居

中野区で安い一戸建てを買いたいなら、中古物件がおすすめです。中古一戸建てであれば価格も安く、すでに建物が完成しているので、引き渡しまでの手続きを簡素化できます。普段から不動産会社とこまめに連絡を取り合って、良い条件の物件が見つかったら早めに紹介してもらいましょう。

個人で家を建てる

つみき

中野区は住みやすい街ですので、マイホームを建てたり購入する人も多い土地です。物件をたくさん見てビジョンを明確にしていきましょう。購入してから後悔するのは遅いですから、後悔しないように計画を立てて購入すべきです。